「市民の声に、まっすぐに。」

13年間会社員として働き、37歳で県議に初当選した私。

政策を一歩前に進めなければと、

現場で直接話を聴き、自ら調べ、真剣に議論してきました。

 

私はいつも思っていました。

この地域には、もっと市民にまっすぐ向き合う政治が必要だと。

 

そして、この街にとって本当に必要なことを、

きちんと実現できる政治のあり方。

 

市民の声なき声も届いて、市政が身近に感じられて、

公平・公正で、もっと一人一人を幸せにできる政治に変えたい。

 

そのために、私は走りぬきます。

 

今度こそ一緒に、ひたちなか市の未来を変えましょう。

 

大谷 明

Share:

人気記事

感謝

2022年11月20日のひたちなか市長選挙において